【みいみ】絵本や童話読み聞かせアプリ『みいみ』はどのような人におすすめかを紹介

アプリ紹介

自分は小さい頃は本を読む習慣が無くて、小学校に入ってから教科書を読むのがとても苦手でした。本を読むということを小さいころから少しでもやっておくのが良いと思います。

ですが本を1冊買うにもお金がかかるし、家事や仕事で本を読んであげる時間が無いという人は多いと思います。そんなときに便利なのが、絵本の読み聞かせアプリ「みいみ」です。

プロのナレーターさんが朗読してくれる話を、BGMと一緒に聞くことが出来ます。

〈この記事を読んで分かること〉

  • みいみの特徴
  • みいみはどのような人におすすめか
  • みいみの料金
  • みいみの登録方法

みいみの特徴

特徴1:吹き替え機能

子供自身が、ストーリーの登場人物のセリフを吹き替えて録音して遊ぶことが出来ます。物語を聞くだけでなく、読んで楽しむこともできます。

ボイスチェンジャー機能もあるので、変わった声に笑いながら楽しく遊べると思います。

特徴2:50冊以上絵本!毎月新作が追加

みいみは毎月新作の絵本が追加されるので、飽きる心配はありません。その時期のあった作品が並ぶので、季節感を楽しめます。

みいみにある作品

三びきのこぶた イギリスの昔話 (こどものとも絵本) [ 瀬田貞二 ]

価格:990円
(2021/3/19 20:16時点)
感想(22件)

うさぎとかめ イソップものがたり (はじめての世界名作えほん 24) [ 中脇 初枝 ]

価格:385円
(2021/3/19 20:17時点)
感想(0件)

ブレーメンのおんがくたい グリム童話 (世界傑作絵本シリーズ) [ ハンス・フィッシャー ]

価格:1,540円
(2021/3/19 20:18時点)
感想(15件)

スープに なりました (講談社の創作絵本) [ 彦坂 有紀 ]

価格:1,320円
(2021/3/19 20:20時点)
感想(2件)

三びきのこぶたやスープになりましたなどの有名な作品が揃っています。

特徴3:プロのナレータが朗読

親が読むのとプロのナレータが読むのとでは、レベルが全然違います。

間の取り方や、声のトーンを変えながら読んでくれるので、世界観に入りやすいと思います。

プロの方が読んでくれる機会はめったにないので、

みいみはどのような人におすすめか

みいみは3歳~8歳の子持ちの人で、疲れてる時や家事で忙しい人におすすめです。子供を寝かしつけたいけどやらなくてはいけないことがある時に朗読機能がとても便利です。

みいみの料金

みいみは月額500円で50冊以上の絵本が読み放題です。

絵本を1冊購入するにもだいたい800円以上するので、50冊以上が500円で読めるのはとてもコスパが良いと思います。

登録から1カ月間は無料

みいみはアプリの登録から1カ月間は無料で全ての機能を使うことができます。

無料期間中は利用が制限されたりしますが、みいみは読み聞かせも吹き替えもできて本棚に並んでいる絵本のすべてが閲覧可能です。

〈まずは無料でお試し〉

Appleの方はこちらから

聴ける!遊べる!絵本読み聞かせアプリみいみ(AppStore)

Androidの方はこちらから

聴ける!遊べる!絵本読み聞かせアプリみいみ(GooglePlay)

みいみの登録方法

入力することはメールアドレス、パスワード、子供の人数、生年月日、大人か確認するために割り算を入力して、最後に「みいみ機能全開放プラン」に加入するで、「購入する」を押して登録が完了します。料金はapp Storeなどのアプリストア経由で行われます。

まずはアプリダウンロードで試してみよう!

「みいみ」1か月間無料期間があるので、その期間で今後使うか使わないかを判断するのも良いと思います。

\ダウンロードはこちらからどうぞ↓/

コメント

タイトルとURLをコピーしました